夏山登山登山記録

猿投温泉まで徒歩で行ったら旅館の人にお世話になってしまった話

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

この記事を書く半年ほど前、2020年11月ごろに猿投山に単独で登山に行ったときのお話です。

猿投山は、往復で4時間かからずに行けるので、趣味のハイキングやご家族と一緒にぜひぜひ!

猿投山の頂上その1

こんな感じの風景を楽しんだ後は、温泉!

ということで、近くにある猿投温泉っていうところに行きました。

スポンサーリンク

下山後の楽しみは温泉。猿投山の近くに猿投温泉があるよ

下山後の楽しみはなんといっても温泉。登山したことある人なら、わかってもらえるかと(*´ω`)。

ちなみに、猿投温泉はすぐ近くにあるわけではなく、登山口から車で15~20分かかります。

猿投温泉_金泉の湯

↑途中にこんな感じの看板があります。ここから、車で5分くらいで着くかと。

道路がちゃんとあって、車は通れるのですが、山道です。

車どうしがすれ違えるギリギリの幅しかないので、スピードの出しすぎや、曲がり角に注意。

夜に運転するときは気をつけてくださいまし(´▽`*)。

猿投温泉は登山口から徒歩で1時間弱。気合で歩くことに

猿投山の登山口から、車で15~20分かかるところに猿投温泉はあるので、徒歩で行くと1時間弱。

ひよこSEは一人で、ふつうに電車で猿投山まで来ました。

なので、歩くしかありません。

ちなみにですが、登山口から温泉までのバスはたしか、なかったので注意してください。

「1時間も歩くなんて頭おかしいだろ( `ー´)ノ」って?

でもね。

大学生のころは、徒歩1時間なんて当たり前。2時間でも余裕ですね♪

ひよこSEのいた登山部。歩くときは歩くのです。

というわけで、「あ、1時間なのね。りょうかい、りょうかい」って感じです。

※それを強要するつもりはないけど、車持っていない人らは、歩くしかないのです(*´ω`)。

行きは気合で歩いた。若ければいける

なので、1時間くらいなら社会人になって体力が落ちたとはいえ、きっと歩けるだろう。

せまい山道を、てくてくと歩いていきます。

猿投温泉まで1時間歩く

※そもそも、狭い道路を歩くこと自体危険だけど・・・。

歩くこと50分ほど。つきました。

猿投温泉に到着

この時は秋だったので、紅葉もきれい!

猿投温泉のもみじ

温泉自体は素晴らしい場所なので、ご家族で行くと良いです!

猿投温泉の案内図

帰りはシャトルバスがあるはず・・・だった

温泉に浸かった後は、歩かずに済むと思ってました。

それは、シャトルバスが夜の18時過ぎにあるはずだったから。

行きに1時間かけて歩こうと思ったのも「行きだけ」だと思ってたからなのです。

つまりは、帰りは歩くことなく、シャトルバスに乗って最寄り駅に行ける♪

はず・・・だったのです。

しかし、その時はコロナ渦で、18時のシャトルバスが、なんと運休に。

間抜けですね~。間抜けの一言です。キチンと見とけばよかった(´▽`*)。

※こんなことにならないように、時刻表はきちんと確認を!

おバカなひよこSEは、行き道だけでなく、帰り道も歩くハメになったのです。

1台の車が停まって声をかけてくれた

車どうしがすれ違えるギリギリの幅しかない山道です。

山道に街灯なんてものはないので、夜は、真っ暗です。

その真っ暗な道を歩くハメになりました。

夜に猿投温泉までの道を歩く

猿投温泉⇒最寄り駅(何駅か、わすれた)までは、徒歩で2時間くらい。

「温泉に入った意味ないじゃん・・・」

と、途方に暮れながら、車には細心の注意をはらいつつ、真っ暗な山道を歩いてました。

※良い子のみんなは、真っ暗な道を一人で歩くのは危ないので絶対にダメです(*´ω`)。

さて、そんなとき、1台の車がひよこSEを見つけると・・・

1台の車がひよこSEを発見

ひよこSEのとなりで、停まりました。

「お~い、こんな暗いとこ、一人で何してんだ!乗ってけ!」

見知らぬ誰かですが、声をかけてくれたので。

希望の光・・・!

迷わずに乗りましたね(←おい、こら)。

話を聞くと旅館の人。行きでも、一人で歩いているのを見たみたい

さて、車に乗ると「タバコ吸ってええか?」と言われたので、「はい」と答えます。

車に乗せてくれたのは、「Iさん」という人です。

俺は、I(アイ)っていうだけど、君は?

ひよこSEと申します。

Iさん、本当にありがとうございます。

おれは、猿投温泉のシャトルバスの運転手で仕事終わりなんやけどさ。

はい・・・。

実は、君が猿投温泉に向かってるところ、行きにも見てるんだよ!

え?ホントですか・・・。

いやぁ~本当にびっくりした。君は学生かい?

・・・はいっ!(真顔)

学生?と聞かれて。

社会人なのに。

夜で顔が見えないのをいいことに。

つい、「はい」と答えてしまいました。

ちなみに、Iさんは北海道で自動車学校の教官をやっていたらしく。

北海道で働いていたときの話を、いろいろと聞かせてもらえました。

ひよこSEは、

  • この登山は、夏の長期合宿登山にむけたトレーニング登山
  • 今は大学3年生で、そろそろ就活を意識している
  • 公務員(就活体験記第1話みてね)になろうと考えている

みたいなことを話した記憶があります。

・・・大学生時代のホントのことです(*´ω`)。

そして、近くの駅まで送ってもらえました。

この記事で言いたかったこと:Iさん、本当にありがとうございました。

Iさん、駅まで送ってってくれて、本当にありがとうございました。

社会人なのに、学生って、ウソついちゃってごめんなさい。

学生には優しくしてもらえる特権みたいなのを、久々に受けちゃいました。

これに懲(こ)りて、二度と一人で山道を歩いたりしません。ってかダメです( `ー´)ノ。

こんな社会人のくそ野郎を、本当にありがとうございました。

感謝の (((((((((((っ・ω・)っ ブーン です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました