ひよコラム数学の確率とパチンコ

ヘソ賞球1個の台は、賞球3個より勝てないのか?【理屈でいえば変わらない】

「ヘソ賞球1個のパチンコ台(とあるとか、エヴァ 未来への咆哮)が、 ヘソ賞球3個の台より勝てないのか?」

といえば、「【理屈の上では】変わらない」が結論です。

ただ、今はどのパチンコ屋さんも、釘は鬼締めなのでね(*´ω`)。

必要以上に釘を閉めるのであれば、ヘソ賞球1個の方がお金が減るスピードが速くなるし、ネガティブになるのも無理はないかと。ひよこSEも、結果的には、1個返しは辛くなっていると思います。

ただ、賞球が1個,2個,3個,4個のどれであろうが、「ボーダー以上に回るか?回らないか?」の世界でしかないです。

スポンサーリンク

理屈の上ではヘソ賞球1個の台が3個の台より勝てないわけではない

もう一度だけ言うと、ヘソ賞球1個だから勝てないというわけではありません。「【理屈の上では】変わらない」です。

ボーダー回転数以上回るか?の話でしかないから賞球は関係ない

パチンコは、「ボーダー回転数以上回るか?」の話でしかないので、賞球は関係ないです。

かなりざっくりと書くと・・・

  • 【パチンコ台A】賞球3個で1Kあたりのボーダーが、20
  • 【パチンコ台B】賞球1個で1Kあたりのボーダーが、18

の2台があったとして。

ヘソ賞球でなくボーダー

パチンコ台Aが1K(1000円)で、19回転しか回らないのであれば、ボーダーより1回転少ないので、れっきとしたマイナス調整。

パチンコ台Bが1K(1000円)で、19回転回ってくれるのであれば、ボーダーより1回転多く回るので、減りが早かろうがプラス調整。

シンプルにこれだけの話です。

ヘソ賞球に関係なく、ボーダー以上回ればプラス。回らなければマイナス」と言うことになります。

現実はパチンコ屋さんが釘を閉めるので、結果的に賞球1個が辛い

そんなこと言ったって、返しが1だと、めっちゃ負けるよね?

その通りです。パチンコ屋さんが釘を閉めたら、賞球1個は激辛になります。

言ってしまえば、それ以上でもそれ以下でもないのだけど。

ここで終わっても面白くないので。

賞球1個と3個の出玉性能のちがいについて、もう少し踏み込んでいくので、興味がある人は、続きを読んでくれたらと思います。

スポンサーリンク

1/319.7(ハイミドル)で、賞球1個は賞球3個より639.4玉だけ多く出せる

「ヘソの賞球が1個と3個では、そもそも出玉性能にどれだけ差があるのか?」

について、見ていきます。

現行のハイミドル(1/319.7)では、平均すれば319.7回転に1回、大当たりします(ホントかよは別にして)。

いいかえると、大当たりするまでに、ヘソに319.7回、玉が入るので・・・。

ヘソ賞球1とヘソ賞球3の違い
  • 【ヘソ賞球1個の場合】319.7×1=319.7玉(①)
  • 【ヘソ賞球3個の場合】319.7×3=959.1玉(②)
  • 【もらえる玉数の差】②ー①=959.1ー319.7=639.4玉

639.4だけ、大当たりするまでにヘソからもらえる玉の数に、差があることになります。

スポンサーリンク

賞球1と3の出玉差(639.4個)の行方は大当たり出玉か一般入賞口

賞球1と3で、大当たりするまでの出玉差は、639.4個。

この「639.4個」の行方は、次のうちいずれかになります。

  • 大当たり出玉に割り当てられる
  • 一般入賞口に割り当てられる

大当たり出玉に全振りした場合

ここからはひよこSEの想像の世界になることについて、ご了承ください。

ヘソ賞球3個のボーダー19.98=ヘソ賞球1個のボーダー17.23

ヘソの出玉差を大当たり出玉に全振りをした場合に限る

■計算の過程が気になる人は、見てね・・・

大当たり確率1/319.7で、ヘソ賞球が3個、初当たりの期待値が4,000玉のパチンコ台があったと仮定。

このパチンコ台のボーダーは、319.7/(4,000×4/1000)=19.98(①)。

ヘソ賞球1個の台で、639.4玉を大当たり出玉に全振りすると、出玉性能は、

4000玉+639.4玉=4639.4玉。

ボーダーは、319.7/(4639.4×4/1000)≒17.23となります(②)。

①と②の差が、賞球1個と3個のボーダーの差である。

ユーザーからすれば、これが一番平和かつ、わかりやすいですよね(´▽`*)。

639.4個の差を、そのまま大当たり出玉にしてくれたら、「ヘソ賞球1個は辛い」というお話にそもそもならないので。

仮にこうなるとしたら、初当たりのヘソ出玉も増えそうだし、いいことしかない!

一般入賞口に割り振られる場合

ただ、現実的に考えれば、お察しのとおりです。

ヘソ賞球による出玉差が、そっくりそのまま大当たり出玉に割り振られることは、まずないです汗。

それじゃあ、639.4個の出玉はどこに行くの?

その逃げ道(?)として用意されているのが、一般入賞口。おまけポケットです。

一般入賞口は、完全にブラックボックスの世界(ひとことで言えば、「お店による」)ですね。

釘が締まれば、ヘソ賞球1はやはり辛い

ここからは、さらに想像の世界になります。

例えば、ヘソ賞球1個の台が作られたとして。

  • ヘソ賞球1個だけど、3個の台より、320玉だけ大当たり出玉を多くしてあるよ!
  • 残りは、一般入賞口を甘くしてね!良心にお任せするね!

みたいなのが、メーカーからパチンコ屋さん向けに送られているはずです。

「台の出玉性能の説明書的なものはある」と考えるのが普通かと。

さて、このとき。もう見飽きた数字かもですが、「639.4個だけ、甘くできる」のでしたね。

そのうちのいくつか大当たり出玉に。残りは、「本当に一般入賞口が甘くなるのか?」

ここまで書けば・・・。まぁ、わかると思います笑。

ほとんどの場合で、

一般入賞口が締められる

ボーダー以上は回らない

ヘソ1個で締められると、お金の減りも早い

となってしまいます。

結果的には、ヘソ賞球1個はヘソ賞球3個よりも辛くなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ:ヘソ賞球1個の台の扱いは、優良店かを見分けるポイント

さて、これまでのお話を、期待値の観点から書いたのですが、ある程度は当たっていそうです。

やはり、一般入賞口に割り当てられるみたいですね。

というわけで結論を最後にまとめて終わります。

  • ヘソ賞球の数で勝てる/勝てないは、「【理屈の上では】変わらない
  • ボーダー以上に回るか回らないか?」のお話でしかない
  • 基本的には、ヘソの賞球の差だけ、大当たり出玉も多いはず
  • 一般入賞口にも割り当てられるなら、お店が締めなければ解決する
  • 一般入賞口に割り当てないなら、ヘソ1のお金の減りが早くなるので、辛いという感覚は正しい
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました