コーヒー ハンドドリップ

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンのレビュー【手動でコスパよし】

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンを購入しました。

コーヒー豆を、自宅で挽きたい人からすれば、コーヒーミルはどれにすればいいか迷うし、使用感が気になるところ。

実際に使った感想をひとことで言えば、「価格は安く、手動式のコーヒーミルではコスパ最強」です。

価格は、Amazonで2,118円と、かなりお値打ちながら、性能面は抜群。

初めて購入したミルは、ハリオのものにしてよかったと思っています。

スポンサーリンク

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンを開封

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンを、さっそく開封してみます。

ハリオのコーヒーミルの外箱

中に入っているのは、4種類。

  • ふたと滑りどめ(左上)
  • ハンドル(右上)
  • ホッパー(コーヒー豆をいれるところ、左下)
  • 粉受けとふた(右下)
ハリオのコーヒーミルの開封後

粉受けは、保存容器にもなる

粉受けは、一緒にあるふたを使って保存容器にもなります。

コーヒーミルが保存容器になる

「毎回毎回、豆を挽くのは面倒だなぁ」

という人のために、「まとめてコーヒー豆を挽いて保存しておくことも可能」という親切設計。

説明書をみても、「1度に100gまでのコーヒー豆を挽くことができる」と書いてあります!

ハリオのコーヒーミルの挽き具合の調整(分解)の仕方

分解前のコーヒーミルの様子をまずは、ご覧ください。

ハリオのコーヒーミルの分解前

上についている、ねじとストッパーを分解します。

ハリオのコーヒーミルの分解後

ナットをゆるめます。

挽き具合の調整その1

ナットをゆるめると、持っている手で、ナットを上下に動かすことができます。

挽き具合の調整その2
  • 高い位置で固定するほど、細挽き
  • 低い位置で固定するほど、粗挽き

になるので、高さを中間くらいに調整します。

ナットの調整は、初めてやったときに、慣れるのに時間かかりました、、、

調整を終えたら、ストッパーをはめます。

ハリオのコーヒーミルのストッパーの調整

ストッパーがうまくはまらないときは、ねじの上を持ったまま、ナットの位置を微調整します。

ハリオのコーヒーミルを実際に使ってみる

コーヒー豆を入れた様子。

ハリオのコーヒーミルに豆を入れた様子

コーヒーの粉が、周りに飛び散ってしまうので、しっかりと、ゴムのふたをして装備完了。

セラミックコーヒーミル スケルトン

あとは、時計回りに、なるべく同じスピードで回してやるだけ。

回す速度がバラバラだと、味も安定しません!

中挽きで、およそ1~2分くらいで挽き終わります。

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンを使ってみた感想

「価格は安くて、保存容器としての機能も兼ね備えているのでコスパ最強!」

が率直な感想。

こんな人には特におすすめです。

  • コーヒーミルを初めて買うけど、どれを選んだらいいかわからない
  • 頻繁に使うか、わからないので、あまり高級なものでなくてもよい
  • 毎回コーヒー豆を挽くのが面倒

コーヒーミルは、手動式で少し高いものや、電動式だと1万~2万円します。

なんと、ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンは、高級なミルの5分の1以下

買う前に店員さんにも、どんなミルがいいか聞いてみた

これからコーヒーミルを買おうと思っているのですが、どんなのがおすすめですか?

初めての人であれば、ハリオの手動式でいいと思いますよ

「これから、コーヒー豆は、必ず豆のままで買う!お店で挽いてもらうことはない!」という人でなければ、今まさに紹介している商品をおすすめされました。

  • コーヒーミルをこれから毎日のように使うのが確定している人
  • コーヒーミルについてある程度知識がある人

であれば、電動式や手動式の中でも高級なものがいいとのこと。

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンでイマイチな点は、「耐久性がよくないので毎日使うのには向かない」という点らしいです。

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンについてまとめ

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンの使い方、実際に使ってみた感想について書いたのでまとめます。

こんな人におすすめです。

  • コーヒーミルを初めて買うけど、どれを選んだらいいかわからない
  • 頻繁に使うか、わからないので、あまり高級なものでなくてもよい
  • 毎回コーヒー豆を挽くのが面倒

イマイチな点は、2つ。

「耐久性がよくないので毎日使うのには向かない」ことと、「挽き具合の調整の仕方について、説明書を見ながら慣れるのに少し時間がかかった」ことです。

しかし、「価格は2,118円と安くて、保存容器としての機能も兼ね備えているのでコスパ最強!」という印象のほうが強し。

買うの初めてだったけど、ハリオのコーヒーミルでよかった

コーヒーミルで迷っているなら、まずはこれで間違いなしです。

次の記事>>ハンドドリップに必要な器具は全部で5つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました