アレンジ・豆知識 コーヒー

コーヒーは最高の趣味だ。極めれば極めるほど奥深く一生楽しめる趣味

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

コーヒーは、最高の趣味です。理由は、4つあります。

  • コーヒーの飲み方がたくさんあるから
  • 自宅でコーヒーを淹れるとおいしくてハマるから
  • コーヒー豆の知識を勉強しても面白いから
  • 喫茶店巡りでコーヒーを飲み歩くと楽しいから

喫茶店のマスターや、本物の通のような詳しさはいりません。知識の面では、上には上がいますし、個人で自由に楽しめればそれでいいと思っています。

コーヒーを趣味にすると、勉強になることがたくさんあるので、今回はその世界への入口に、ご案内したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーの飲み方はたくさんある

コーヒーの飲み方

普段飲むコーヒー。その飲み方は、様々で楽しみ方は10通りもあります。

  • ブラックコーヒー
  • アメリカンコーヒー
  • カフェインレスコーヒー
  • カフェオレ
  • エスプレッソ
  • ウインナーコーヒー
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • カフェモカ
  • ダッチコーヒー

「ブラックコーヒー」としてそのまま飲む以外にも、「アメリカンコーヒー」や「カフェオレ」などのメニューを、喫茶店で見かけたことがある人も多いと思います。

普段見かけるものも含めると、10通り。幅の広さにはただただ、感服です。

10通りのスタイルについては、1つずつ話し出すと長くなるので、別の記事にまとめました。ぜひ読んでみてください。

個人的には、エスプレッソに生クリームを加えたウインナーコーヒーが最高。

エスプレッソの苦味と、生クリームの甘さとのギャップがたまらないです。

喫茶店でもし、これらのメニューを見かけたら、飲んでみてください。

ブラック+加糖なら、はちみつ一択!

自宅でコーヒーを淹れることを趣味にするとおいしくてハマる

自宅で、コーヒー淹れるようになると、趣味としての一歩を歩み出したことになります。

ハンドドリップコーヒーは、味もコスパも最高です。

淹れ方は、それほど難しくありません。

  • 豆を挽いて
  • ペーパーをセットして
  • 蒸らしの工程で味を引き立て
  • そこから数回に分けて抽出

このように淹れてあげると、喫茶店のマスターが淹れるような、本格的なコーヒーができ上がります。

その値段は、1杯10円程度。信じられないくらい安いですよね。

興味があれば、器具をそろえて、ハンドドリップを始めてみてはいかがでしょうか?

本ブログでは、必要な器具やハンドドリップの淹れ方について解説しています。

ハンドドリップは、ペーパードリップ(紙)とネルドリップ(袋)の2種類

ハンドドリップには大きく2種類あります。

  • ペーパードリップ
  • ネルドリップ

管理人は、ネル(袋みたいなやつに入れて抽出)の衛生面が気になるので、ペーパードリップ(使い捨ての紙で抽出)にしています。

個人で楽しむ分には、ペーパードリップのほうがです。

ネルドリップは10杯以上の大量抽出に向いています。が、必ず熱湯消毒して、乾燥させるようにしましょう。

コーヒーの淹れ方は、ハンドドリップ以外にもある。【勉強中】

ハンドドリップ以外にも、コーヒーの淹れ方は様々。

  • フレンチプレス
  • エアロプレス
  • サイフォン
  • マキネッタ

といった、コーヒーの淹れ方にもチャレンジしていきたいです。

ひよこSEも日々勉強中!

これらの淹れ方については、知識がないので勉強中です。

勉強できるサイト:UCC

コーヒー豆の知識を趣味で勉強しても面白い

ハンドドリップの淹れ方を覚えたら、豆について詳しくなるのも面白いです。

こだわりポイントは、5つあります。

  • コーヒー豆の産地
  • 焙煎度(ばいせんど)
  • 豆の挽き具合
  • 水は、軟水か?硬水か?
  • コーヒーの抽出温度

上記5つのことについて、詳しくなると、

「このコーヒー豆は、ブルーマウンテンという高級な豆で、焙煎度が中煎りで細挽きがおすすめ。軟水で80℃くらいで抽出するのが美味しい」

みたいに、言えたりします。

コーヒー豆について熱く語れるのってかっこいいと思いませんか?

コーヒー豆の産地

コーヒー豆の産地は、お米に例えるとわかりやすいです。

  • 産地は、新潟県産か?
  • こしひかりか?ひとめぼれか?

みたいに、どこで生産されて、どんなブランドがついているかで、100gあたりの値段が決まります。

高級な豆の産地とブランドは、

  • ブルーマウンテン
  • コナ・エクストラファンタジー

が有名です。

100g400円〜600円が相場ですが、上記2つは、100g1,000円〜2,000円します。

コーヒー豆の産地ごとの特徴

コーヒーの焙煎度について

コーヒーの焙煎度については、

  • 浅煎り(豆をあまり焼かない)であるほど、苦みが弱く、酸味が強い
  • 深煎り(豆をよく焼く)であるほど、苦みが強く、酸味が弱い

という特徴があります。別の記事でまとめているので、ぜひ見てください。

先に紹介した、ブルーマウンテンは、中煎りがお勧めです。

コーヒー豆の挽き具合

コーヒー豆の挽き具合については、

  • 細挽きであるほど味が出やすい分、苦みも強くなりやすい
  • 粗挽きであるほど味が出にくい。苦みも弱い

という特徴があります。

細挽きであるということは、豆をよく挽いているということ。

豆が触れる表面積が広いので、その分だけ味が出やすくなるというわけです。

先に紹介した、ブルーマウンテンは、苦みが弱いので中細挽きにしてコーヒー豆の味を引き立ててやるのがおすすめ。

コーヒーに使う水について

コーヒーに使う水について、下記のような特徴があります。

  • 軟水であれば、酸味が出やすい
  • 硬水であれば、苦みが出やすい

先に紹介した、ブルーマウンテンは、軟水がおすすめです。

コーヒーの抽出温度について

ホットコーヒーの抽出温度については、80~90℃がベストです。

  • お湯の温度が高いほど苦みが強く、カフェインも多い
  • お湯の温度が低いほど苦みが弱く、カフェインも少ない

という特徴があります。

アイスコーヒーや、エスプレッソは90℃以上にすることもあります。

カフェインレスコーヒー(カフェイン少なめのコーヒー)は、

  • カフェインがない専用の豆を使う
  • 抽出温度を50~60℃くらいにして抽出する

といった方法で、抽出されることがしばしば。

詳しいことは、長くなるので、別の記事でまとめました。

喫茶店巡りでコーヒーを飲み歩くのを趣味にすると楽しい

喫茶店巡りでコーヒーを飲み歩くのも最高です。

チェーン店のコーヒーについて議論するもよし、地元だけのカフェに行くもよしです。

コメダと星乃珈琲店のコーヒーは、どっちがおいしい?

例えば、「コメダと星乃珈琲店」はどちらのコーヒーがおいしいか?

断然、星乃珈琲です。パンケーキとコーヒーで、そのままティータイムにするのが最高。季節のパンケーキはそのままインスタ映えしますよね。

星乃珈琲店は、雑誌や新聞のバリエーションが少ないし、席も狭めの所が多い印象。

座席の広さや、ゆったりすることを考えるとコメダに分があると思います。

コメダは、おしゃべりしたりくつろぎに行くところだと個人的には思っています。

が、コーヒーの味では、星乃珈琲店の圧勝です。

地元のカフェ巡りで隠れた名店探し

あとは、地元にしかないカフェに行くのも面白いですよね。

愛知県にしかないのですが、「Cafe Downey」というお店があります。

  • インスタ映えする店内の装飾
  • 特徴的なモーニング
  • 朝にぴったりのアメリカンコーヒー

など、隠れた名店を見つけたときの感動はたまりません。

他にもまだまだあると思うので、カフェ巡りは続けていきたいです。

まとめ:コーヒーは最高の趣味になる

コーヒーは、最高の趣味になると思います。本記事では、理由を4つ説明しました。

  • コーヒーの飲み方がたくさんあるから
  • 自宅でコーヒーを淹れるとおいしくてハマるから
  • コーヒー豆の知識を勉強しても面白いから
  • 喫茶店巡りでコーヒーを飲み歩くと楽しいから

これでも、まだまだ知らないこと、勉強中のことがたくさんあります。

いろんなスタイル・楽しみ方があるので、一生飽きることがないくらい、奥深い趣味に出会うことができました。

興味があれば、まずは器具をそろえて、ハンドドリップを始めてみてはいかがでしょうか?

本ブログでは、必要な器具や淹れ方について解説しているので、読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました