カフェや専門店 コーヒー

スーパーで買えるおすすめのコーヒー豆はただ一つ。小川珈琲のコーヒー豆

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

スーパーのコーヒー豆はエグみが多いものばかり・・・

スーパーのコーヒー豆は安いですが、正直苦みが強いものが多いですよね。

スーパーのコーヒー豆で、おすすめできるのはただ一つ、「小川珈琲店」の豆です。

そもそもですが、スーパーで売っている豆について、

  • 雑味が強く
  • 砂糖なしでは飲めない

と思っている人も多いはず。

個人的においしいと思うのは、

小川珈琲店 >>> KALDI(カルディ) > その他の豆

ですね。

KALDI(カルディ)は最近、スーパーやショッピングモールでやたら見かけますが、味はイマイチです、、、

今回は、スーパーで購入できる「小川珈琲店」のコーヒー豆を紹介します。

スポンサーリンク

スーパーでおすすめのコーヒー豆は「小川珈琲店」

小川珈琲店のコーヒー豆は、スーパーで買えるものの中で最もおすすめです。

小川珈琲店のコーヒー豆がおすすめの理由
  • 苦みは多少強め
  • 雑味は少ない
  • 香りが全体的にやさしめ(葉っぱとか花の香り)

今回は、小川珈琲店のブレンドコーヒー3つを紹介します。

  • 小川プレミアムブレンド(初めての人向け)【最もおすすめ】
  • 有機珈琲 フェアトレードモカブレンド(香りと無農薬が特徴)
  • コーヒーショップブレンド(砂糖・ミルク派向け)

結論から言えば、「スーパーで最もおすすめのコーヒー豆」は、「小川プレミアムブレンド」です。

おすすめのコーヒー豆①:小川プレミアムブレンド【最有力】

「スーパーで最もおすすめのコーヒー豆」は、「小川プレミアムブレンド」です。

小川プレミアムブレンド

酸味と苦味のバランス型のコーヒーで、初めて飲むなら小川プレミアムブレンド一択です。

ブレンド豆の焙煎度(ばいせんど)別の配合を見ると、下記のようになります。

  • 苦みが弱い豆:60%(浅煎り:苦みが弱い)
  • 苦みが普通の豆:20%(中煎り:苦みが中間)
  • 苦みが強めの豆:20%(深煎り:苦みが強い)

焙煎度については、「コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは?【おすすめは中煎り~中深煎り】」という記事で説明していますが、浅煎りであるほど苦みが弱め。

欠点は、浅煎りは劣化するのが早いので、スーパーの店頭に並ぶころには鮮度がダウンしていること。ミルを持っているかたは、豆の状態のものを買うのもありです!

トータルすると苦さ控えめとなる配合で、飲みやすいコーヒー豆なので、始めて飲む人は、小川プレミアムブレンド一択です。

おすすめのコーヒー豆②:有機珈琲 フェアトレードモカブレンド【香りと無農薬が特徴】

有機珈琲 フェアトレードモカブレンドは、香りを楽しむコーヒーです。

モカは、「花のような香り」に例えられる、少し高級なコーヒーです。

酸味は、若干強めなのが難点です・・・

小川珈琲店 有機珈琲フェアトレードモカブレンド(粉)は、有機コーヒーなので、無農薬なのもうれしい点です。

おすすめのコーヒー豆③:コーヒーショップブレンド【砂糖・ミルク派向け】

コーヒーショップブレンドは、苦みとコクが強めのコーヒーです。

焙煎度を見ると、苦みの強い「深煎り」が70%であり、カフェオレ向きのコーヒーです。

カフェオレ用のミルクの上に、さらにチョコレートシロップをかけて飲んだり・・・(´▽`*)

小川珈琲店 コーヒーショップブレンド(粉)は、ミルク・砂糖派や、アレンジして飲みたい向けのコーヒー豆です。

小川珈琲店の「小川プレミアムブレンド」を試飲

さっそく、小川プレミアムブレンドを試飲します。

小川珈琲をフィルターにセット

お湯をさっと一回しした、蒸らしの様子です。

小川珈琲の蒸らし

スーパーの豆なので仕方ない部分はありますが、膨らみ具合は、やや弱め~普通です。

苦さはそれほど強くないので、朝食のパンとともにいただきました。

小川珈琲と朝食

お茶の葉のような香りもほんのりするのが最高です♪

開封後は、付属のシールがついているので封をしましょう。

封をするシール

スーパーで売られている他のコーヒー豆の味はイマイチ

ざっくりとですが、スーパーで売られているその他のコーヒー豆を、下記の3カテゴリに分類しました。

  • UCC・AGF・ネスレ・Key Coffee
  • スターバックス
  • KALDI(カルディ)

結論から言えば、どれもあまりおすすめできません。

UCC・AGF・ネスレ・Key Coffeeは、有名だがギフト用

UCC・AGF・ネスレ・Key Coffeeは、コーヒーメーカー・インスタントコーヒーのギフト用のイメージです。

実際に買って飲んでみると、苦みと雑味(エグみ)が多く、あまりおすすめできません。

有名だし、おいしいのかなと思っても実はそうでもない・・・

インスタントコーヒーの中では有名であり最上位だとは思いますが、ドリップコーヒーとして本格的なコーヒーを味わいたい人向けではありません。

※ギフト用は、見た目がおしゃれなのでプレゼントすれば喜ばれます。

スターバックスはフラペチーノ屋さんのイメージ

みんな知っているスターバックス。

期間限定のフラペチーノは大変おいしいですが、コーヒーは苦いです。

フラペチーノやラテを飲む時間は、幸せなんですけどねぇ・・・

スタバのコーヒーは、パッケージはおしゃれで美味しそうなのですが、苦みがとにかく強い。

スタバのコーヒー豆が店舗で売られているのを見かけても、管理人はスルーします。

KALDI(カルディ)は専門店っぽいが、味はイマイチ

KALDI(カルディ)は、ショッピングモールに、出店していますが、コーヒーのお店のなかでは味はイマイチです。

よく、「マイルドカルディ」の試飲をやっているのを目にしますよね!

砂糖とミルクたっぷりの状態で、店員さんが渡してくれると思います。

(「ブラックで」と言えば、ブラックにしてくれますが、酸味が強い、、、。)

ブラックで飲めないとなると、味としてはイマイチと言わざるを得ません。

スーパーのコーヒー豆よりおいしい豆は、専門店で買うに限る

一つ誤解しないで欲しいのが、スーパーではイマイチな味のコーヒー豆でも、専門店で買えば新鮮でおいしい場合が多いということです。

本当に美味しいコーヒーを探しているなら、多少高くてもコーヒーの専門店や、通販がおすすめです!

Key Coffee、小川珈琲を例に、コーヒーの専門店を紹介します。

Key Coffeeには、21都道府県に直売店あり

Key Coffeeには、21都道府県の専門店があり、そこでは質の高い豆が購入できます。

Key Coffeeに限らず、専門店があるメーカーからしてみれば、「おいしいコーヒーが飲みたければ直接買いに来てね」ということかもしれません。

そもそもの話になりますが・・・

コーヒー豆は専門店で購入するのが一番

ということは覚えておいてくださいね。

小川珈琲店は、4都道府県に直売店あり

小川珈琲店には、京都府・滋賀県・神奈川県・埼玉県の4都道府県に専門店があります。

近くに直売店がある方は、「京珈琲」をぜひ、一度は飲んでみてくださいね。

コーヒー豆から漂う、お茶のような気高い香りが最高。

まず初めに、「京珈琲」で決まりです。

5年ほど前に、愛知県に2店舗ありましたが、どちらも閉店してしまいました。京珈琲を久々に飲みたいなぁ、、、

近くにコーヒー屋さんがなければ、通販も選択肢の一つ

近所にコーヒー豆の専門店があればいいのですが、ない場合は通販も選択肢の一つです。

例えば、ドイコーヒーの初めてのセットがありますが、値段は税込で2,472円。

通販は、専門店の実店舗より割高です。なるべく安く買いたいなら、管理人が名古屋でよく行くコーヒー豆屋さんについても、みてください!(愛知県に住んでいない方は、スミマセン、、、)

味は、さすがの高級豆。焼きたてだとわかる贅沢な味です。

お財布と相談して、ドイコーヒーを楽しんでみてください。

スーパーのおすすめのコーヒー豆についてまとめ

スーパーのおすすめのコーヒー豆は、「小川珈琲店」のもの一択です。

小川珈琲店のコーヒー豆がおすすめの理由
  • 苦みは多少強め
  • 雑味は少ない
  • 香りが全体的にやさしめ(葉っぱとか花の香り)

「小川珈琲店」の中で最もおすすめなのが、トータルすると苦さ控えめで飲みやすい、「小川プレミアムブレンド」です。

ブラックで飲むもよし、ハチミツや生クリームを入れてアレンジするもよし。

個人的には、朝食にもぴったりなので、ぜひ一度飲んでくださいね!

また、スーパーでは買えないような豆を買うのもおすすめ。

よりおいしいコーヒー豆を求めたくなった場合は、Key Coffee小川珈琲店のお店に直接、足を運んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました