コーヒー産地の紹介

東ティモールコーヒーの特徴は?お茶のような香りでタイと似た味

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

東ティモールコーヒーの特徴は?

東ティモールコーヒーには「お茶のような香り。いい意味で渋めの味わいが楽しめる」という特徴があります。

味の系統としては、タイコーヒーとよく似ています。

「渋いのが苦手」という人は、ブラックよりもカフェオレ・ラテにして飲むのがおすすめです。

スポンサーリンク

東ティモールコーヒーの特徴

やなかの東ティモールコーヒー

東ティモールコーヒーの特徴は、下記のとおりです。

  • 原産国:東ティモール(首都:ディリ)
  • 口あたり:くせがなく優しい。スッと飲める。
  • 苦み:少し強め(3.5/5点)
  • 酸味:ふつう(2.5/5点)
  • 後味:ほんのり渋いお茶を飲んだような味わい
  • 香り:お茶のような香り
  • おすすめの焙煎度:中深煎り
  • おすすめの飲み方:カフェラテ・オレで飲む方がおいしいかも

東ティモールコーヒーの全体的な雰囲気としては、お茶とよく似ています。

口当たりは、ごくふつうに飲むことができて、タイコーヒーとほとんど同じ味わい。

一つだけ違うのが、東ティモールコーヒーには、特有の渋さがあるというか。

ほんのり渋いお茶を飲んだような味わいがあります。

名古屋市のお店のやなか珈琲店・ハマヤコーヒーのというお店で買ったのですが、説明にある「黒砂糖のような甘味」らしき味は、よくわかりませんでした。

ちょいと余談ですが、この記事を読んでいる人はなかなかのコーヒー通です(*´ω`)。

そもそも、東ティモールコーヒー自体、あまり見かけないと思うので。

値段は、他の産地よりも1~2割安くて穴場。お手軽に飲めるのがいいですよね!

スポンサーリンク

東ティモールってどんな国?

東ティモールは、東南アジアの南側にある国。

さらに南に行くと、オーストラリアがあります。

近隣国には、マンデリンバリアラビカで有名なインドネシアや、同じくコーヒーを生産しているパプアニューギニアがあります。

東ティモールは、いろいろと訳があって、控えめに言って貧しい国です。

古くはポルトガル。ポルトガルから独立後は、インドネシアに占領されており、独立したのは2002年。

コーヒーは「フェアトレード」といって取引される価格が保証されてます(wikipedia様、ありがとうございます(-_-;))。

東ティモールコーヒーを淹れてみる

早速、東ティモールコーヒーを淹れてみます。

東ティモールコーヒー

豆を挽いた様子。

東ティモールの豆の様子

豆の色合いからして、中深煎りくらいの焙煎度ですね。

蒸らしの様子。

東ティモールの蒸らし

膨らみ具合は、ぼちぼち。

蒸らしの後は、豆の分だけ数回にわけてお湯を入れてあげれば、問題なしです。

東ティモールコーヒーのおすすめの飲み方はカフェラテ

東ティモールコーヒーのおすすめの飲み方はカフェラテです。

今回は、チョコレートシロップも一緒にかけてみました♪

東ティモールとカフェモカ

あとは、定番の組み合わせですが、チョコレートと一緒に食べてみたり。

東ティモールとチョコレート

ぶらっくもよし。カフェラテもよし、チョコともよし。

一番のおすすめは、カフェラテみたいな感じで、楽しんであげればよきです!

東ティモールコーヒーについて、もう一度書くと「お茶のような香りがしていて、味の系統としては、タイコーヒーとよく似ている」という特徴があります。

値段は、タイコーヒーよりも1~2割ほど安かった記憶があるので、見かけたら飲んでみてくださいね!

おすすめのコーヒー豆
コーヒー豆の産地

コメント

タイトルとURLをコピーしました