IT用語 SE

MTTR(平均修復時間)とは?修復に必要な時間の平均。MTBFと混同しないよう英語で覚える!

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

MTTRってなんだ?MTBFと区別がつかん!

という人向けに書きます。

MTTRとは、平均修復時間。「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」と覚えればいいです。

MTTRとは

ポイントを押さえて、MTBFと混じらないようにしてくださいまし。

  1. 「平均修復時間」なので、文字通り「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」
  2. MTTR=Mean Time To Repair(修復するためにかかる時間の平均)
  3. MTTRは、システムが止まっている時間。長いほど「維持保守がしにくい、保守性の低いシステムだね」という話になる。

MTTRは、システムが止まっている時間なので、短い方がいいに決まっている!

スポンサーリンク

MTTR(平均修復時間)とは、システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均

MTTR(平均修復時間)とは、文字通り、「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」のことです。

英語で覚えちゃえば、「MTTR」=「平均修復時間」とすぐに覚えられます♪

MTTRは、英語で書けばすぐに覚えられる

MTTRは、英語で書いたときに

  • Mean(平均)
  • Time(時間)
  • To(To + 動詞で使われているので、「~するために」)
  • Repair(修理、修復する)

となって、4つの単語のそれぞれの頭文字です。

直訳すると、「修復するのにかかる時間の平均」となるので、言い換えてあげると、「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」になりますね!

MTBF(平均故障時間)とMTTR(平均修復時間)の混同に注意!

MTBF(平均故障時間)と、MTTR(平均修復時間)の混同に注意してください。

MTBFは

  • Mean(平均)
  • Time(時間)
  • Between(~の間)
  • Failure(故障、欠陥、失敗)

なので、「平均故障時間」です。

MTTRは、

  • Mean(平均)
  • Time(時間)
  • To(To + 動詞で使われているので、「~するために」)
  • Repair(修理、修復する)

なので、「平均修復時間」です。

どちらも英語で覚えれば、混じることはないです!

スポンサーリンク

MTTR(平均修復時間)の計算方法と計算例は?

じゃあ、MTTRはどうやって求めるの?

となったら、文字通り、「システムが壊れたときに修復にかかる時間を平均する」だけです。

とあるシステム、なんでもいいです。「ひよこシステム」というシステムがあったとしましょう。

ひよこシステムの稼働状況が

  • 80時間動いて、2時間壊れた
  • 40時間動いて、また1時間壊れた
  • 90時間動いて、2時間壊れた

みたいだったとします。

MTTRとは

「ひよこシステムのMTTRは?」と聞かれれば、「システムが壊れたときに修復にかかる時間を平均する」を求めればいいので、

(2+1+2)/3 =1.66・・・

つまり、「1.67時間(小数第2位表示)がひよこシステムのMTTR」ということになります。

すごくシンプルに言えば、ひよこシステムは壊れたら1.67時間修復に時間がかかるってことですね♪(結構、ポンコツ・・・。)

まとめ:MTTRとは修復にかかる時間の平均

MTTRについてまとめます。

  1. 「平均修復時間」なので、文字通り「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」
  2. MTTR=Mean Time To Repair(修復するためにかかる時間の平均)
  3. MTTRは、システムが止まっている時間。長いほど「維持保守がしにくい、保守性の低いシステムだね」という話になる。

個人的には、英語で覚えてしまえば、すっと入ってきますが、こじつけでも何でもいいです。

MTTRが、「システムが壊れたときに修復にかかる時間の平均」っていうのが、ポイントなのは覚えましょう。

「なんでMTTRを求めるのか?」といえば、「保守しやすかったり、壊れたときにすぐに修復できるシステムであるかを」を知りたいからです。

なので、「MTTRが長いね」となれば、そもそものシステムの作りを見直す必要が出てきます。

「MTTRは短い方がいいんだなぁ~」と覚えておいてくださいまし(-_-;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました