コーヒー産地の紹介

バリアラビカとは?上品な苦味と味わい深いコクが特徴のコーヒー

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

バリアラビカって何?味の特徴は?

バリアラビカとは、インドネシアのバリ島で栽培されたコーヒーのこと。

バリ島といえば、こんな感じのビーチで有名ですよね!

バリのビーチ

神々の山」ともよく言われるくらい、寺院が多いらしい!

さて、バリアラビカの特徴は、「上品な苦味と、味わい深いコク」にあります。

もちろん、ブラックとして飲むのもコクがあっておいしいです。

どちらかといえば、バリアラビカは苦味が強いコーヒーなので、カフェオレにしたり、甘いものと一緒に飲むのもおすすめです。

スポンサーリンク

バリアラビカとは?

バリアラビカとは、その名の通りバリ島で栽培されたコーヒー豆です。

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種。おすすめも紹介」という記事にも書いていますが、コーヒー豆の種類は、

  • アラビカ種:高地で栽培されており、高価なストレートコーヒーとして販売
  • ロブスタ種:低地でも栽培可。安価な缶コーヒーや、インスタントコーヒーに使われる

の2つ。

バリ島で栽培された、アラビカ種のコーヒー豆が「バリアラビカ」です。

▼バリ島の農園地帯のイメージ

バリ島・神山のコーヒー

バリアラビカの特徴

バリアラビカの特徴は次の通りです。

苦みとコクがあって味わい深い

  • 原産国:インドネシア(バリ島)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:優しめの苦味
  • 苦み:強め(4/5点)
  • 酸味:弱い(1.5/5点)
  • 後味:苦みとコクはあるが、比較的マイルド
  • 香り:お茶のような香ばしさ
  • おすすめの焙煎度:中深煎り・深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラック・カフェオレ・スイーツどれも合う

苦みとコクはあるが、比較的マイルドという。

矛盾しているようですが、味わい深いのが特徴!

インドネシアといえば、マンデリンも有名

少し余談ですが、インドネシアのコーヒーは「マンデリン」のほうが有名かもしれません。

そして、マンデリンとバリアラビカの両方が苦め。

マンデリンとバリアラビカはどう違うの?

バリアラビカはビターな苦さなのに対して、マンデリンは渋めの苦味!

マンデリンの特徴は?渋めの苦味とベリー系の酸味が少し」という記事に特徴をまとめているので、こちらもぜひ読んでくださいね。

バリアラビカのおすすめの飲み方

名古屋のゴールデンミルというお店で買ったので、早速、バリアラビカを淹れて飲んでみます。

バリコーヒー

ひよこSEがよく買うコーヒー豆屋さんは、「名古屋でコーヒー豆が安く買えるオススメの専門店は全部で3つ。ゴールデンミル・ハマヤ・やなか珈琲」という記事に書いてるのでぜひ読んでください!

バリアラビカのおすすめの飲み方は、

  • ブラック
  • カフェオレで楽しむ
  • スイーツと一緒

のどちらかです。

ブラックでも、もちろんおいしい!

今回は、家にあったラ・フランスのグミチョコと一緒に飲みました。

グミチョコとバリコーヒー

甘すぎない果物系のチョコレートとの相性が最高でした。

また、カフェオレにしてもおいしそうです。ぜひ、下記の記事もぜひ読んでくださいね。

おさらいになりますが、バリアラビカの特徴は、「上品な苦味と、味わい深いコク」にあります。

苦いけど、後味がマイルドな不思議な気分にさせられる、コーヒー豆です。

アイスコーヒーにしたり、はちみつを入れたりするのも合いそう!

ぜひ一度、バリアラビカを飲んで、上品な気分を味わいましょう!

コーヒー豆の産地

コメント

タイトルとURLをコピーしました