アレンジ・豆知識 コーヒー

モノカルチャー経済とは?問題点をコーヒーを例にわかりやすく解説

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

モノカルチャー経済とは何ぞや?何がいけないの?

一言でいうなら、「1つの産業1つのものに依存しすぎている状態」がモノカルチャー経済。

この記事を書いているひよこSEは、コーヒー大好き人間。

どうしてコーヒーが出てくるのかというと、コーヒーはモノカルチャー経済の典型例だからです。

というわけで、

  • モノカルチャー経済とは?
  • モノカルチャー経済の問題点は?
  • コーヒーとモノカルチャー経済の関係性

の3つについて順番に解説していきますね!

スポンサーリンク

モノカルチャー経済とは?

そもそも、モノカルチャー経済って何?

ウィキペディアを見ると、次のように定義されています。

モノカルチャー(英語: Monoculture)とは、直訳するとmono(単一)のculture(栽培/文化)であり、多くの場合、単一の農作物を生産する農業の形態を指す。そのような農業形態は単作(たんさく)とも呼ばれる。また、単一の産品や産業に依存した経済をモノカルチャー経済と言うことがある。

ウィキペディア「モノカルチャー」より引用

一言で言えば、「1つの産業1つのものに依存しすぎている状態」です。

「1つの産業の1つのもの」というと、漠然(ばくぜん)としているので、具体例を挙げますね。

■具体例

  • お米農業
  • 小麦粉農業
  • サトウキビ農業

※赤のアンダーライン:産業、青のアンダーライン:もの(作物)

モノカルチャー経済というと、ほぼ農業のことを指します。

▼イメージ

モノカルチャー経済とは?

モノカルチャー経済とは、

  • お米なら、お米だけを作っている
  • 小麦粉なら、小麦粉だけを作っている
  • サトウキビなら、サトウキビだけを作っている

状態を指します。

モノカルチャー経済の問題点は?

モノカルチャー経済って何がいけないの?

問題ありまくり!

モノカルチャー経済の問題点は、4つあります。

  • 1つのものに依存しているので、環境に左右されやすい
  • 国全体の産業が成長しない
  • 環境にやさしくない
  • 金銭面で、圧倒的に輸入国が有利になる

その1:1つのものに依存しているので、環境に左右されやすい

モノカルチャー経済の1つ目の問題点は、1つのものに依存しているので、環境に左右されやすいということ。

例えば、とある国で、お米だけを作っていたとします。

たまたま、大災害があって、凶作。ある年のお米の収穫量がほぼゼロになってしまいました。

収穫量ゼロ

すると、お米以外はなにも作っていないので、その国は1円も稼げません

早い話、食っていくお金もなければ、食べ物もないので、その国の経済は詰(つ)んでしまいます(;´∀`)。

日本史で出てくる、「天保の大飢きん」とかは、まさにこれが原因。

その2:国全体の産業が成長しない

モノカルチャー経済の2つ目の問題点は、国全体の産業が成長しないということ。

産業が成長しないって?

そもそも、産業は大きく分けて3つあります。

  1. 第一次産業:農業
  2. 第二次産業:工業
  3. 第三次産業:サービス産業

普通は、「第一次産業⇒第二次産業⇒第三次産業」のように。言い換えれば、「食べ物を作って⇒生産を効率化して⇒モノだけじゃなく、売る方法(サービス)にも力を入れる」みたいに、経済が発展していきます。

・・・が、「畑を耕(たがや)す以外のことは一切しない」となると、いつまでたっても産業は発展しないですよね。

つまり、産業の発展のサイクルが、第一次産業の時点でストップしてしまいます。なので、ひたすら生産するだけで、貧しいままとなってしまうのが問題なのです。

その3:環境にやさしくない

モノカルチャー経済という形態は、環境にもやさしくないです。

どう優しくないの?

当たり前のことを言いますが、農業をやるには、広大な土地が必要。

1つのものを生産することに依存しているので、とにかく数勝負。すると、さらに利益を得ようとその国は、作って作って作りまくろうとします。

農作物の生産量を増やすためには、土地を確保するしかありません。

すると、下のようなサイクルになります。

  1. 農作物の生産量を増やそうとする
  2. 土地を増やすために開拓(森林伐採)
  3. 増やした分の土地の寿命がいずれやってくる
  4. 土地の寿命がくれば、また森林伐採

森林伐採

生産量を増やせば増やすほど、土地を多く使う。ダメになったら、その分をさらに確保するために伐採を繰り返すので、ただの倍々ゲームです。

その4:金銭面で、圧倒的に輸入国が有利になる

モノカルチャー経済の4つ目の問題点は、金銭面で圧倒的に輸入国が有利になること。

どうして輸入国が有利なの?

モノカルチャー経済に当てはまる国は、お米であれば、お米以外、ほとんど作っていません。

すると、その国は、お米がいくらで売れたかによって、GDP(国内総生産)が決まります

すると、買う方(先進国とか、先進国とか、先進国)が意地悪して、

安く売ってくれや。さもないと買ったらんぞ!お前んとこ、米しか作ってないけどいいのかな?

みたいなことが起こってしまいます。お米は、タイでもベトナムでも日本でも生産されていますからね。

買う方からすれば、モノカルチャー経済になるような安い作物は、どこから買ってもいいものなのです。

つまりは、買う側に決定権があるのが問題!

コーヒーとモノカルチャー経済の関係性

それじゃあ、コーヒーとモノカルチャー経済はどういう関係があるの?

コーヒーは、「コーヒーノキ」という木を植えて栽培する農作物のひとつ。

「モノカルチャー経済の問題点は?」の項で説明した4つの問題点。そのまま当てはまります。

コーヒーとモノカルチャー経済
  • 大量生産可能な農作物。コーヒー豆の生産に依存しやすい
  • 標高の高い場所で「コーヒーノキ」という木を植えて栽培される
  • コーヒーを栽培するだけでは、経済は発展しない
  • 木を植えるために、山が切り崩されるので環境にやさしくない
  • コーヒーの生産国は発展途上国メイン。コーヒー豆の買い手は、先進国。
    ⇒主要生産国は、「コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種。おすすめも紹介」という記事を見てください。

ちなみに、モカイルガチェフェというブランドを生産しているエチオピアは、まさにこの状態です。

喫茶店とかのサービス業を始めたくても始められない

勘のいい人だったら、

え?待って!「コーヒーを栽培するだけでは、経済は発展しない」ってことは、喫茶店とか開けば、解決するんじゃないの?

のように考えた人もいるかもしれません。

確かに、

  • コーヒーを栽培して
  • 現地で喫茶店を開いて
  • いずれは喫茶店の経営をメイン

にできるなら、さほど問題になりません。

・・・が、貧しい国ではその日の食べ物、お金すらない状態です。投資したくても、設備投資ができない状態。

なので、数で勝負するしかないのですが、コーヒー豆で一国の経済を支えられるかといえば・・・。

無理っぽそうなのは、なんとなく想像できますよね(;´∀`)。

価格が保証されているフェアトレードのコーヒー豆もあるが弱い

ちなみに、「フェアトレード」といって、価格が輸入国に買いたたかれないように、取引を一定の価格以下にしないことが保証されるコーヒー豆も、あります。

しかし、コーヒー豆の価格が問題になるということは、大量に輸出したところで、1国の経済(GDP)を支えるには弱いことの表れでもあります。

モノカルチャー経済についてまとめ

モノカルチャー経済とは、「1つの産業1つのものに依存しすぎている状態」

コーヒーであれば、コーヒーだけ(あるいは、メイン)生産している状態です。

モノカルチャー経済の問題点は、

  • 1つのものに依存しているので、環境に左右されやすい
  • 国全体の産業が成長しない
  • 環境にやさしくない
  • 金銭面で、圧倒的に輸入国が有利になる

コーヒーは、

  • 大量生産可能な農作物。コーヒー豆の生産に依存しやすい
  • 標高の高い場所で「コーヒーノキ」という木を植えて栽培される
  • コーヒーを栽培するだけでは、経済は発展しない
  • 木を植えるために、山が切り崩されるので環境にやさしくない
  • コーヒーの生産国は発展途上国メイン。コーヒー豆の買い手は、先進国。

という特徴がある作物なので、エチオピアのようにモノカルチャー経済状態になっている国もあるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました