コーヒー 産地の紹介

ブルンジコーヒーの特徴は?贅沢なチョコレートの味わいが後味まで続く

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

ブルンジコーヒーの特徴は?どんな味がするの?

ブルンジコーヒーは、贅沢なチョコレートの味わいが後味まで続くのが最大の特徴。

どちらかといえば、こってり系のコーヒー。

コクまでしっかりとチョコレートです!

酸味はやや弱め。苦味はふつう~やや強めです。

口に含んだ瞬間からチョコレート。ドロッとした味わいで、後味まで贅沢(ぜいたく)なチョコの風味が続きます。

おすすめの飲み方はブラックか、微糖です!

スポンサーリンク

ブルンジコーヒーの特徴は?

ブルンジコーヒーの特徴

パッケージに書いてある、ココアの味はしっかりと感じましたが、青りんごやキウイはあまり・・・。チョコレートの味わい強しです!

ブルンジコーヒーの特徴は、贅沢なチョコレートの味わい

ブルンジコーヒーの特徴をまとめると、次のようになります。

  • 原産国:ブルンジのタンガニーカ湖周辺(首都:ギテガ)
  • 口あたり:しっかりとしたボディ
  • 苦み:やや強め(3.5/5点)
  • 酸味:やや弱め(2.5/5点)
  • 後味:ドロッとしたチョコレートの味わい。ほんのりと甘い
  • 香り:ココアの香り。パッケージあるような青りんごやキウイは感じなかった。
  • おすすめの焙煎度:中深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラック。微糖にしてもおいしい。

ブルンジコーヒーは、やなか珈琲で購入

ブルンジコーヒーってどこで買ったの?

ブルンジのコーヒーは「やなか珈琲」というお店の直売店で購入しました。

やなか珈琲さんは、他にも「ボリビア」や「ドミニカ」など、わりと珍しい豆を扱っているお店なので、ぜひぜひ。

【関連記事】名古屋でコーヒー豆が安く買えるオススメの専門店は全部で3つ。ゴールデンミル・ハマヤ・やなか珈琲

ブルンジってどんな国?

ブルンジってどんな国なの?

標高が高めのアフリカの国で、コーヒーとお茶中心の国です!

ブルンジはタンザニアと近い

ブルンジは、アフリカ大陸のやや東側に位置する内陸国。

近隣国には、キリマンジャロの産地として有名なタンザニアや、コンゴ・ルワンダがあります。

タンガニーカ湖という大きな湖(世界で6番目)の近くでコーヒーが栽培されているみたいです。

タンガニーカ湖は、固有種(そこにしかいない生物)の魚がめちゃくちゃ多いみたい!

ちなみに、行く人はいないと思いますがギュスターブっていう、大っきなワニさんがいるので・・・(*´∀`*)。

ブルンジは、アフリカの中でも特に貧しい国

ブルンジは、アフリカの中でも特に貧しい国で、残念ながら「世界最貧国」と言われる国の一つです(wikipedia)。

輸出は、コーヒーと茶が中心でこれといった産業はなく、典型的なモノカルチャー経済状態です。。。

世界史的には、ツチ族フツ族というキーワードが出てくる国ですが、詳細は忘れました(´▽`*)。

ブルンジコーヒーを淹れてみる

ブルンジコーヒーを淹れてみます。

粉の様子はこんな感じ。

ブルンジコーヒーの粉の様子

蒸らしの様子。

ブルンジコーヒーの蒸らし

結構いい感じに膨らんでるかと!

淹れた後の様子。

ブルンジコーヒーを飲む

やなかコーヒーさんのパッケージはこぼれやすいというのと、密閉するって意味でもジップロックで保存したほうがよきです!

ジップロックに保存

ブルンジコーヒーのおすすめの飲み方はブラックか微糖

ブルンジコーヒーのおすすめの飲み方は?

ブラックか、微糖!

ブルンジコーヒーは、ドロッとしたチョコレートの味わいが最大の特徴です。

ほんのりと甘いので、そのまま飲んでもカカオの味が楽しめておいしいです。

好みに応じて、ちょこっとずつお砂糖を入れてあげると明治の「チョコレート効果」みたいなバランスで飲むことができますね♪

アレンジについては、個人的にはいらないかなと思いますが「ホットコーヒーの飲み方は全部で10種類。様々なコーヒーの変化を楽しめる」という記事で紹介しているので、ぜひ読んでくださいね!

おさらいになりますが、ブルンジコーヒーは、口当たりから後味までチョコレート。カカオのような香りが楽しめるコーヒーで酸味はやや弱めです。

ビターチョコが好きな方ならハマること間違いなし。ぜひ飲んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました