コーヒー 産地の紹介

モカジャバコーヒーの特徴は?すっきりとした程よい苦味

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

モカジャバコーヒーの特徴は?

モカジャバコーヒーは、モカマタリとインドネシアのジャワ島で栽培された豆を混ぜたブレンドコーヒーです。

ちなみに、インドネシアは世界第4位のコーヒー生産国!

モカジャバコーヒーの特徴・飲んでみて感じた味は、「苦みが強め。ほんのり甘い香りが苦さとマッチしているバランス型」というもの。

ケーキみたいに、甘いスイーツとの相性がバツグンなので、ぜひ一度飲んでみてください。

スポンサーリンク

モカジャバコーヒーの特徴

モカジャバコーヒーの特徴

モカジャバコーヒーの特徴は、下記のとおりです。

  • 原産国:モカマタリ(イエメン)+ジャバコーヒー(インドネシア)
  • コーヒーのランク:ブレンドコーヒーなので、なし。
  • 口あたり:すっとした苦さを感じる
  • 苦み:強め(4/5点)
  • 酸味:弱い(2/5点)
  • 後味:ほんのりと甘い
  • 香り:さくらんぼのような・・・。あまり強くない。
  • おすすめの焙煎度:中深煎りか、深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラック・カフェオレ・スイーツと一緒のどれでも会う

モカジャバコーヒーはその名の通り、イエメンのモカマタリコーヒーと、インドネシアのジャワコーヒーを混ぜているブレンドコーヒーで、苦さ強めです。

モカマタリコーヒーについては、別の記事を書いているので、ぜひ読んでください。

モカジャバコーヒーを淹れてみる

早速、モカジャバを淹れてみます。

今回購入したのは、「モカジャバ エキゾチック」という品種です。

よく行くゴールデン・ミルという名古屋市のお店で、200g918円(税込)で売られていたので買いました。

ドリッパーにセットして、豆の様子を確認します。

モカジャバの豆の様子

焙煎度は中煎り、8段階あるうちの5~6段階目くらい。中深煎り~深煎りの色合いです。

比較的、高めの焙煎度だと思います!

抽出を開始。蒸らしの様子です。

モカジャバの蒸らし

豆のふくらみバツグン!味がよく出そうです。

モカジャバの抽出完了

抽出完了です。

モカジャバコーヒーのおすすめの飲み方

モカジャバコーヒーのおすすめの飲み方について、ベースの味がしっかりしているので

  • ブラックで飲む
  • カフェオレで楽しむ
  • スイーツと一緒に

どれでも合います!

写真のように、栗のロールケーキと食べてみましたが、相性はバツグンでした。

モカジャバの試飲

モカジャバコーヒーに限った話ではないですが、いろんな飲み方についても、紹介しているのでぜひ読んでくださいね。

モカジャバコーヒーについてまとめ

モカジャバコーヒーの特徴についてまとめると、次のようになります。

  • 原産国:モカマタリ(イエメン)+ジャバコーヒー(インドネシア)
  • コーヒーのランク:ブレンドコーヒーなので、なし。
  • 口あたり:すっとした苦さを感じる
  • 苦み:強め(4/5点)
  • 酸味:弱い(2/5点)
  • 後味:ほんのりと甘い
  • 香り:さくらんぼのような・・・。あまり強くない。
  • おすすめの焙煎度:中深煎りか、深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラック・カフェオレ・スイーツと一緒のどれでも会う

モカジャバコーヒーの特徴を一言でいうとは、「苦みが強め。ほんのり甘い香りが苦さとマッチしているバランス型」というものです。

ぜひ、スイーツのお供に、楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました