コーヒー産地の紹介

ロイヤルブレンドの特徴は?香りもコクしっかりで少しマイルドなコーヒー

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

ロイヤルブレンドって何?味の特徴は?

ロイヤルブレンドとは、香りとコク。どちらもしっかりしているけど、マイルドさも少し残したコーヒー。

最後の最後に、ほんのりと甘い味わいもします。

まさに、「ロイヤル(王室)」を感じさせるような気高さ!ブラックにしてもカフェラテにしても美味。

ヨーロピアンブレンドは、ちょっと苦く感じた人にとって、ぴったりの味わいです。

スポンサーリンク

ロイヤルブレンドとは?

そもそもの話になりますが、ロイヤルブレンドとは何か?というと・・・。

ロイヤルホストをイメージした!

その意味ですね~!イギリスとかの王室のイメージです♪

ロイヤルは王室の

※「ロイヤル」には、”royal”(国王の、王室の)と、”loyal”(忠誠)の2つの意味がありますが、コーヒーなら間違いなく前者です。ちなみに、ロイヤルホストは「王室の風格×おもてなし」と説明されてます。

酸味はひかえめで、焙煎度(ばいせんど、豆の焼き加減)が高いコーヒー豆をブレンドしています。

焙煎度は全部で8段階。

  1. ライトロースト(浅煎り)
  2. シナモンロースト(浅煎り)
  3. ミディアムロースト(中浅煎り)
  4. ハイロースト(中煎り)
  5. シティロースト(中深煎り)
  6. フルシティロースト(深煎り)
  7. フレンチロースト(深煎り)
  8. イタリアンロースト(深煎り)

【関連記事】コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは?【おすすめは中煎り~中深煎り】

6,7,8番目あたりの豆がブレンドされているってこと?

コーヒーの味からして、深煎りの豆中心かと!

名前はかっこいい感じですが、女性に人気があるようです!

ロイヤルブレンドの特徴

ロイヤルブレンドの特徴は、下記のとおりです。

  • 原産国:いろんな産地の豆をブレンド
  • コーヒーのランク:ブレンドコーヒーなので、なし。
  • 口あたり:しっかりとしたコクと香りがすぐに広まる
  • 苦み:強め(4/5点)
  • 酸味:弱い(1/5点)
  • 後味:ミルクチョコのような甘さがほんのりと
  • 香り:ロイヤルだからかわからないけど、紅茶を感じる
  • おすすめの焙煎度:深煎り(フルシティ/フレンチ/イタリアンロースト)
  • おすすめの飲み方:ブラック。個人的には、カフェラテの方が好き!

ストレートの豆よりは味は劣りますが、その分安め。

苦すぎず酸味の少ないブレンドコーヒーを探している人にうってつけです!

スポンサーリンク

ロイヤルブレンドを淹れてみる

ロイヤルブレンドを淹れてみます。

ロイヤルブレンド

買ったばかりの一番ふくらむ状態を撮り忘れてました汗

ごめんなさい!

ロイヤルブレンドの粉

ヨーロピアンブレンドの蒸らし>

ヨーロピアンブレンドの蒸らし

少しわかりづらいですが、若干、ロイヤルブレンドのほうが色が薄い(=焙煎度の低い豆も混ざってる。)かと。

ヨーロピアンブレンド(2枚目)のほうがより、ダークな色を出していますね!

豆の量だけ抽出したら、いざ試飲です♪

ロイヤルブレンドのおすすめの飲み方

ロイヤルブレンドのおすすめの飲み方は、

  • ブラックでそのまま(ケーキとかもめちゃくちゃ合う!)
  • カフェラテで楽しむ

のどちらかです。

ブラックのままでもおいしいけど、個人的にはカフェラテ派!

ケーキ(ミルクレープ)と一緒に食べて、気高い感じを出してみたり。

ロイヤルブレンドとケーキ

「ロイヤルミルクティー」と言うのがあるのと同じように、カフェラテ(カフェオレ)等で楽しむのも大変よきです!

ロイヤルブレンドのカフェラテ

【関連記事】

ロイヤルブレンドの特徴は、香りとコク。どちらもしっかりしているけど、マイルドさも少し残したコーヒー。

コーヒー通なら、酸味はほとんどないし、絶妙な苦味がするブレンドにハマるはず。

夏場なら、コーヒーフロートにしてもおいしそう!

ぜひ一度、ロイヤルブレンドは飲んでみてくださいね!

スポンサーリンク
コーヒー豆の産地

コメント

タイトルとURLをコピーしました