アレンジ・豆知識 コーヒー

カフェオレに合うコーヒー豆は?苦味が強めのキリマンジャロ

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

カフェオレに合うコーヒー豆を探しているのだけど・・・

カフェオレに最も合うコーヒー豆は、タンザニア産のキリマンジャロです。

2020年8月までセブンイレブンで販売されていたので、なじみがある人も多いと思います。

さて、カフェオレに合うコーヒー豆の特徴は次の3つ。

  1. 焙煎度が「中深煎り」または、「深煎り」であること
  2. 苦味が強いこと
  3. 酸味が強いこと

上にいくほど、優先度は高め!

つまりは、カフェオレは、「こってり系のコーヒー豆と相性が良い」ということ。

キリマンジャロは苦味・酸味がともに強く、中深煎りが適しているので、カフェオレに合うコーヒー豆の特徴をすべて満たしています。

コーヒーの酸味が苦手なら、コロンビアがおすすめ!

スポンサーリンク

カフェオレに最も合うコーヒー豆はキリマンジャロ

カフェオレに合うコーヒー

カフェオレに最も合うコーヒー豆はキリマンジャロです。

キリマンジャロ(タンザニア)コーヒーの特徴は、キレのある酸味」という記事にある、キリマンジャロの特徴についてまとめます。

  • 原産国:タンザニア(首都:ドドマ)
  • 栽培地区:キリマンジャロ山(標高1,500~2,500M)
  • コーヒーのランク:プレミアムコーヒー
  • 苦み:比較的強い
  • 酸味:キレのある酸味。苦味も強いが、酸味はもっと強い
  • おすすめの焙煎度:中深煎り~深煎り
  • おすすめの飲み方:カフェオレ

キリマンジャロは、苦味・酸味がともに強いのが特徴。

甘酸っぱい香りも風味のアクセントとなっており、こってりとした仕上がりになるので、カフェオレとの相性が抜群のコーヒー豆です。

キリマンジャロコーヒーとカフェラテ
キリマンジャロコーヒーの特徴について

他にカフェオレに合うコーヒー豆はないの?

他にカフェオレに合うコーヒー豆はないの?

と考えた人もいると思います。

結論から言えば、グァテマラコロンビアニカラグアマラウイも、おすすめです。

コーヒーの酸味が苦手なら、まずはコロンビアから試してみてください。

焙煎度と苦みは、カフェオレにおいては重要

さて、カフェオレに合うコーヒー豆の特徴について冒頭で説明していますが、もう一度書くと、

  1. 焙煎度が「中深煎り」または、「深煎り」であること
  2. 苦味が強いこと
  3. 酸味が強いこと

のようになります。

このうち、特に重要なのが1の焙煎度と2の苦味。3の酸味は、「あるとなおよい」イメージです。

キリマンジャロ以外でも、カフェオレはおいしい

つまりは、「中深煎り以上が適していて、苦味が強い」コーヒー豆であれば、カフェオレにするとおいしく飲むことができます。

すると、キリマンジャロ以外にもカフェオレ向きのコーヒー豆はたくさんあります。

キリマンジャロ以外のカフェオレ向きのコーヒー豆

だったら、何でもいいって書いてよ!

・・・言われちゃいました(;´∀`)。

でも、それじゃあ面白くないので、

  • カフェオレは、こってり系のコーヒー豆と相性が良い
  • 特にキリマンジャロがおすすめ
  • 酸味が苦手なら、コロンビア

という風に覚えてもらえたらと思います。

カフェオレがおいしくなるコツは牛乳+生クリーム

カフェオレに合うコーヒー豆について説明しましたが、某喫茶店でバイトしていたひよこSEより、ちょっぴりカフェオレがおいしくなるコツをお伝えします。

そんなの、温かい牛乳を混ぜればいいんでしょ?

その通りです。

基本的には、

コーヒー:牛乳=5:5

の割合で混ぜてあげるといい感じのカフェオレになります。

コーヒーとミルクの割合

それでも十分においしいのですが、カフェオレは「牛乳に生クリームを入れること」で劇的においしくなります。

ホットコーヒーの飲み方は全部で10種類。様々な飲み方で、コーヒーの変化を楽しめる」という記事でも書いていますが、カフェオレに使うミルクに生クリームを、

  • 牛乳:生クリーム=7:3

の割合で加えて「カフェオレ用ミルク」にしてあげると、よりおいしくいただけます。

牛乳と生クリームの割合

ぜひ、お友達にふるまってあげてください。絶対に喜ばれます。

カフェオレに合うコーヒー豆についてまとめ

カフェオレに最も合うコーヒー豆は、キリマンジャロです。

カフェオレに合うコーヒー豆の特徴は、

  1. 焙煎度が「中深煎り」または、「深煎り」であること
  2. 苦味が強いこと
  3. 酸味が強いこと

の3つ。

キリマンジャロは、これら3つの特徴すべてに当てはまるので、まさにカフェオレ向き。

一度、カフェオレとして試してみてくださいね。

最後になりますが、カフェオレは「牛乳に生クリームを入れること」で劇的においしくなります。

  1. コーヒーとミルクの配合=5:5
  2. ミルク=牛乳:生クリーム=7:3

のようにしてあげて、ぜひお友達にふるまってあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました