コーヒーハンドドリップ

ドリップコーヒーを飲みたいけど淹れるのがめんどくさいときの代わりは?

「ドリップコーヒーを飲みたいけど淹れるのがめんどくさいよ!」という人向けに「代わりにこんな選択肢があるよ」的なのを3つほど紹介します。

  • ドリップパックを買う
  • コーヒーマシンを買う
  • ウォーターサーバーをレンタルする
    ※コーヒー機能付き(一体型のもの)

この記事でいう「ドリップコーヒー」は、自分で器具一式を用意して、コーヒー豆を買って自宅で淹れるコーヒのこと。

【器具を一式そろえる】ハンドドリップに必要な器具は全部で5つ。予算5,000円

【おいしいコーヒー豆】名古屋でコーヒー豆が安く買えるおすすめの専門店

コスパも味も一番、理想なのは言うまでもなく自分で淹れるドリップコーヒー。ただ、ペーパーを買いに行ったり、サーバーにヒビが入って買い替えたりすると意外にめんどうなものも事実。

代わりの3つを一度試してみてもいいかもしれません!

スポンサーリンク

ドリップコーヒーがめんどくさくなったときの代替案は3つ

ドリップコーヒーがめんどくさくなったときの代替案は3つです。

代替案メリットデメリット商品例
ドリップパック
【おすすめ】
お湯とドリップポットがあればよしコーヒー豆の1.5~2倍の値段ハマヤコーヒー
天野珈琲など
コーヒーメーカー
【おすすめ】
ドリップする時間を時短できるマシンの定期的なお手入れが必要デロンギ
ウォーターサーバーレンタルにすればいつでもやめられるお値段的には一番高いフレシャス

ひよこSE的に分類すると、2つのカテゴリになるかと。

  • ドリップパック(ハンドドリップする)
  • コーヒーメーカー/ウォーターサーバー(ドリップも自動)

ほかにも缶コーヒーにするとか、パックのコーヒーを買うとかあるけど、味はなるべく落としたくないと思うので、3つにしました。

ドリップパックはこんな人におすすめ

ドリップしてもいいけど、器具のお手入れやフィルターがめんどくさい!

コーヒーサーバーを飲むたびに洗ったり、ペーパーフィルターを買いに行くのが面倒。かといってネルにするのはもっと面倒と考えていたら、ドリップパック。

味は、普通のドリップ>ドリップパックですが、時間や後片付けを考えると時間の短縮になります。

コーヒーメーカー・ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

もうドリップに興味はなくなったけど、おいしいコーヒーは飲みたい!

となったら、コーヒーメーカー・ウォーターサーバーが選択になるかと。

ドリップを自動化してくれるのが最大のメリット!

最近のコーヒーメーカーはわりと高性能。1~2万円払えば、本格的なドリップをしてくれます。さらにさらに7万円するマシンを用意してしまえば、カプチーノとかエスプレッソもやってくれるスグレモノ。

もはや、日ごろ頑張っている自分へのご褒美レベルです。

多少、お金はかかりますが、機械にお任せして、優雅なコーヒータイムを楽しむのもありです!

スポンサーリンク

代替案その1:ドリップパック【コスパ的にも悪くない】

ドリップパックは、たぶん真っ先に思いつく代替案。コスパ的にも悪くありません。

ドリップパックの価格

  • ふつうにコーヒー豆を買うと100gあたり500~700円(1杯50~70円)
  • ドリップパック1袋あたり、100~150円

が相場なので、1.5倍くらいの価格。味もハンドドリップのほうがおいしいすが、ドリップパックも十分、コスパは高い部類。

コーヒーのコスパ

【ドリップコーヒーこそコスパ最強】美味しくて安いハンドドリップが最強

めんどくさくなった時、コーヒー豆がちょうどないときの救世主

ひよこSEも毎回、豆を買ってきて家でコーヒーを淹れているかと言えば、そんなこともなく。

シンプルにコーヒー豆を買いに行くのがめんどいとき、平日にコーヒー豆がちょうどなくなったときは、ドリップパックは救世主です。仕事していると買いに行けないので(*´▽`*)。

ドリップパックは、よく行くコーヒー豆屋さんの、特売の時のおまけ。友達が、旅行のお土産によくくれたりします!

ひよこSEがコーヒー好きなのを知っているわけですね♪

いくつかドリップパックを紹介するよ

ひよこSEが飲んだことのあるドリップパック。

よく行くコーヒー屋さんは、ゴールデンミルとハマヤコーヒーとやなか珈琲。このうち、ゴールデンミルとハマヤコーヒーは、おまけでよくドリップパックを1袋いただけます!

created by Rinker
¥1,000 (2024/02/23 17:22:07時点 楽天市場調べ-詳細)

写真撮り忘れたので、今度もらえたらアップします汗

それ以外だと、友達から北海道のお土産でもらえた「雪町コーヒー」(天野珈琲さん)がおいしかった。

紅茶を入れるイメージで抽出できるお湯出しのもの。

この状態でお湯を入れるだけ。なんだか、ほっこり温まりそう。

さっぱりとした味わい。酸味も苦みもひかえめで、すごく飲みやすかったです!

代替案その2:コーヒーメーカー【楽ちん&自分へのご褒美として】

2つ目の代替案は、コーヒーメーカー。言わずと知れたコーヒーを自動化するマシンですが、デロンギ(一度くらいは聞いたことある有名なところ)のマシンは高性能。

実は、髭剃りメーカーのブラウンは、デロンギの傘下の会社ですよ~

実際の使用感とかレビューできるわけじゃないけど、単にほしくなってきたので調べてみました!

デロンギのマシンの種類

デロンギの「コーヒーマシン」といっても、実は種類はいろいろ。

マシンの種類値段特徴
全自動コーヒーマシン高(6~10万円)コーヒー豆をマシンが挽いてくれる
エスプレッソメーカー中(3~5万円)ミルクの泡立て機能、カップウォーマーなど細かい専用機能が多い
コンビコーヒーメーカー中(3~5万円)エスプレッソとドリップ、カプチーノをやってくれる
ドリップコーヒーメーカー安(1~2万円)ドリップ機能のみ。コスパ的には一番いい

ドリップコーヒーがめんどくさいから楽にするなら、ドリップコーヒーメーカー。意外とお手頃価格です。

「この際、カプチーノもエスプレッソも楽しむ!」となれば、全自動も自分へのごほうびとしてありです!

反対に言えば、プレゼントにも使えます!

これから、ドリップコーヒーメーカーと全自動の2つを説明します。

ドリップコーヒーメーカー

ドリップコーヒーメーカーは、ドリップ機能のみ。

大きさもそれほど大きくなく、お値段も2万円以内で買えるものが多いのが特徴です!

メリット
  • ドリップを自動でやってくれる
  • シンプルだからお値段も安い
  • マシンもそれほど大きくない
デメリット
  • マシンの定期的なお掃除、お手入れが必要

かっこいいので、「全自動もいつかは買いたいな~」と思いつつも。コーヒーメーカーもいつか寿命が来る(大体10年くらい)ので、ひよこSEが買うなら、まずはシンプルな機能だけのドリップコーヒータイプですね!

【デロンギのコーヒーメーカー】デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー

全自動コーヒーマシン

全自動コーヒーマシンは文字通り、すべて自動でやってくれます。

コーヒー豆を挽くのも、ドリップするのもマシンにおまかせ。特に豆は、挽くのが面倒で粉で買うことが多い人にとっては、一番のメリットといえるかと。

さらには、カフェラテ・カプチーノ・エスプレッソも作ってくれます。

メリット
  • コーヒー豆も挽いてくれる
  • ドリップだけでなく、カフェラテ・カプチーノ・エスプレッソ機能もある

もはや喫茶店ですね~!

ただ、お値段はそれなりにします。性能にこだわりだすと、10万円を超えることも。あと、大きさもシンプルなドリップコーヒータイプのものと比べると、やはり大きいです。

デメリット
  • マシンの定期的なお掃除、お手入れが必要
  • 全自動はそれなりの大きさで値段も高め

【全自動コーヒーメーカー】デロンギ マグニフィカS 全自動コーヒーマシン

代替案その3:ウォーターサーバー

コーヒーメーカーと比べるとおすすめ度は下がりますが 汗。

最近は、ウォーターサーバーでも本格なコーヒーが楽しめる時代です。

UCCのドリップポットと挽いた豆の両方が楽しめる

コーヒー機能付きのウォーターサーバーといえば、フレシャス。フレシャスのコーヒーメーカーは、UCCのドリップポットと挽いた豆の両方をマシンに入れて、スイッチ一つで中でドリップしてくれます。

お湯の温度の調整や、蒸らしのコントロールとかもやってくれる!

サーバー内のお湯の温度
  • 冷水:4〜10℃
  • 温水:80〜85℃
  • 温水(エコモード):70~75℃
  • 温水(リヒート時):約90℃
  • コーヒーを淹れるとき:自動で温度調整

ウォーターサーバーなので、当然、お水の質もよし。コーヒーを水道水で淹れるよりは確実においしいです。

あとは、緑茶と紅茶も同じ要領で作ってくれるのもうれしい点ですね。

フレシャスのウォーターサーバーの料金は?

フレシャスのウォーターサーバーの料金体系は、購入とレンタルの2種類あります。

プラン初期費用レンタル料電気代天然水料金解約金
購入一括:59,400円
分割:1,741円×36回払い
300~500円1箱(9.3L×2本)あたり
2,700円
なし
レンタル
(天然水1~2箱)
1,320円300~500円1箱(9.3L×2本)あたり
3,254円
1年以内:16,500円
1~2年:9,900円
レンタル
(天然水3箱以上)
0円300~500円3箱(9.3L×6本)で
9,762円
1年以内:16,500円
1~2年:9,900円

表を見てもらえればわかりますが、毎月送られてくる天然水のお金が一番高いです。

購入とレンタルのどちらがいい?

購入とレンタルでは、レンタルのほうが水代が高く解約金もかかりますが、それでもレンタルがおすすめ。購入するとかかる初期費用の59,400円はやっぱり高いですよね(-_-;)。

ずっと使い続けるのが確定しているならいいですが。

基本的には、お試しもかねて、レンタル+天然水1箱でよいかと!

初期費用は、0円。レンタル料は1,320円。レンタル料を0円にするなら、お水3箱(9.3L×6本=54.2L、めちゃ多いなぁ)が必要。

「お水3箱(54.2L)」となると、水道水や、薬局・スーパーで無料でもらえるお水が不要になる(それに対してお金を払う)レベル。

レンタル+天然水1箱で、毎月4,574円。コーヒーを自動で楽しむなら、ギリギリ許容範囲だと思います!

【コーヒー機能付きウォーターサーバー】Slat+Cafe

まとめ

ドリップコーヒーがめんどくさくなったときの代替案をまとめます。

代替案メリットデメリット商品例
ドリップパック
【おすすめ】
お湯とドリップポットがあればよしコーヒー豆の1.5~2倍の値段ハマヤコーヒー
天野珈琲など
コーヒーメーカー
【おすすめ】
ドリップする時間を時短できるマシンの定期的なお手入れが必要デロンギ
ウォーターサーバーレンタルにすればいつでもやめられるお値段的には一番高いフレシャス

適度にドリップパックで淹れるのを楽にしつつ、お金があるときにコーヒーメーカーを買うもよし。

ただ、めんどくさいからといってドリップコーヒーをやめるのはもったいないので、ぜひ活用してみてくださいね!

おすすめのコーヒー豆
コーヒー豆の産地
スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました